【ハンガリー】マチョー刺繍

photo: Ayako Hachisu, text: Yoko Kaji

ブダペストの北東にあるマチョー地方は、カロチャと並ぶ刺繍の産地。古くは赤と青で刺すのが主流だったが、しだいに色数が増え、華やかなデザインに。丸みを帯びた花弁が幾重にも重なる「マチョーのバラ」はもっとも代表的なモチーフで、中心には「孔雀の目」と呼ばれる孔雀の羽根を模した模様が入っているのが特徴。面を埋めつくすように刺繍するのもマチョー刺繍の伝統的な手法で、民族衣装をはじめ、さまざまなアイテムに施されている。

出典:『ヨーロッパのかわいい刺繡』誠文堂新光社 刊

手芸や手仕事の奥深い魅力を共有する編集部の独自コラム。メルマガ限定でお届け。登録はこちらから。

ページトップへ戻る