STORE

ミグラテールのオリジナル連載

連載一覧

ARCHIVES

154  Articles

絞り込み検索

BIRD’S EYE GALLERY

バーズアイギャラリーNo.6[2024.6-8]fancomiさん

第6回目のバーズアイギャラリーは、fancomi(ファンコミ)さんに描いていただきました。この絵のタイトルは『home: I want to go with you.』。渡り鳥の群れに参加したくなった家が、屋根を羽にして飛び立ちました。遠くにみえる影に目を凝らすと、鳥に誘われ、同じように飛び立った家たちが…。いいんです。飛んじゃっていいんです!私たちは自由だ!

「SUBARU」店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅

「SUBARU」店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅 vol.19 ラトビアの伝統的な夏至祭(前編)

バルト海に面した緑豊かな国、ラトビアに伝わる手仕事の数々。今も昔も変わらない、素朴でやさしい温もりのある伝統的な技、そしてそれらを残し伝えていくベテラン職人、伝統を受け継ぎ新たな形を築く若手作家の作品など。雑貨屋「SUBARU」の店主・溝口明子さんが出会った、ラトビアの手仕事の現在(いま)を現地の写真と共にお届けします。

手芸中毒 by グレゴリ青山

手 芸 中 毒 by グレゴリ青山 第9回 着物リメイク中毒 その1

一見なんでもない日常の風景も、グレゴリ青山さんの手にかかると、不思議なくらいに新たな世界に引き込まれます。長らく「手芸」にはまっているという噂を耳にし、編集部はさっそく漫画の連載を月1回の連載でお願いしました。日本全国、いや世界中の手芸中毒者の皆さま、第9回目をお楽しみください!

YouTuberうさんこのごきげんハンドメイド

YouTuberうさんこのごきげんハンドメイド vol.3『畳縁の旅』

「まぁいいっかっでいいんじゃない?」を座右の銘に、YouTuberとして活躍するうさんこさん。手づくりの魔法で得た、うさんこさんなりの洞察や成長体験、気づきから、毎日をご機嫌に過ごすコツとアイデアをミグラテールで毎月じっくり語っていただきます! 皆さんも手づくりがもたらしてくれる恩恵や潜在的価値にはたと気づくはず。vol.3では、うさんこさんを手芸業界へと導いてくれた畳縁のお話です。

「SUBARU」店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅

「SUBARU」店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅 vol.18 生産者さん探訪記その1 ウアゾアリニ・ハーブ農園

バルト海に面した緑豊かな国、ラトビアに伝わる手仕事の数々。今も昔も変わらない、素朴でやさしい温もりのある伝統的な技、そしてそれらを残し伝えていくベテラン職人、伝統を受け継ぎ新たな形を築く若手作家の作品など。雑貨屋「SUBARU」の店主・溝口明子さんが出会った、ラトビアの手仕事の現在(いま)を現地の写真と共にお届けします。

あの本の、あの人

『刺し子と暮らす』『連続模様で楽しむ かんたん刺しゅう』著者 刺繍作家・実乃莉(池田みのり)さん

刺繍作家とメーカー勤務という異なる2つの仕事をしている実乃莉さん。それぞれの活動をどのように両立させているのか、企業に勤めることで作家活動にどのような影響があるのか。そもそもなぜ刺繍を始めたのか、そしてこれからの作家活動について。日々の生活や活動記録を伺いました。

Craft Goods Shop 職人や作家による作品や商品が買える場所

SELECT BEPPU(セレクトベップ)

別府の手仕事の品が買えるお店を紹介します。現地作家の自由な作品がたくさん並ぶSELECT BEPPUさんです。

「SUBARU」店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅

「SUBARU」店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅 vol.17 ハーブティーのある暮らし

バルト海に面した緑豊かな国、ラトビアに伝わる手仕事の数々。今も昔も変わらない、素朴でやさしい温もりのある伝統的な技、そしてそれらを残し伝えていくベテラン職人、伝統を受け継ぎ新たな形を築く若手作家の作品など。雑貨屋「SUBARU」の店主・溝口明子さんが出会った、ラトビアの手仕事の現在(いま)を現地の写真と共にお届けします。

Craft Goods Shop 職人や作家による作品や商品が買える場所

SPICA(スピカ)

別府観光のメインはお気に入りの竹細工探しで、温泉はそのついで。そんな別府旅のスタイルもいいのでは? オーナーの手仕事への愛とセンスが輝くお店、SPICAさんです。

手芸中毒 by グレゴリ青山

手 芸 中 毒 by グレゴリ青山 第8回 刺繍中毒 その2

一見なんでもない日常の風景も、グレゴリ青山さんの手にかかると、不思議なくらいに新たな世界に引き込まれます。長らく「手芸」にはまっているという噂を耳にし、編集部はさっそく漫画の連載を月1回の連載でお願いしました。日本全国、いや世界中の手芸中毒者の皆さま、第8回目をお楽しみください!

限定情報をいち早くお届けメルマガ会員募集中!